忍者ブログ

Channel B marchё

マルシェの萌方見聞録。私の感性の赴くままに。

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


OLIVE SHOW チョ・ソニのインタビューその1

これ、意外に面白い話してます。チョ・ソニさんの笑い方は面白い。これ英語字幕上がってなくて、、、。見ようか迷ったんだが、見て良かった。
マルシェは直感で、面白いと感じた部分だけを訳すんだけど、これは萌えます。


チョ・ソニ:悪い男の気質があるように感じる人は?
オッサン:僕は、特にないように思います。
ジュンちゃん:お前が?
チョ・ソニ:まぁ、それじゃつまらないわね
オッサン:違くて、悪いから、僕がメンバー達を見た時に、良い男はいますよ。


ジュンちゃん:誰?


オッサン:クン兄さん。ニックン、、、。


オッケ:お前、クンは悪い男だよ、、、
ジュンちゃん:オレも(そう思う)。クニは悪い男だろー。



オッサン:違う、、、それが、皆、分からない様ですけど、クン兄さんは、とてつもなく良い男です、それでいて、とてつもなく恐ろしい男です。
チョ・ソニ:アハハハ
オッケ&ジュンちゃん:何だよ、お前(笑)


オッサン:良くしてくれる。良くしてくれますよ。良くしてるけど、、、とてつもなく、その、深い意味があります。
オッケ:オレが飯、奢るんだからお前が、、、、(みたいな?)

*オッサン、分かってるんだね、、、。殿下の気質をさぁー。この会話で、オッケとジュンちゃんは、『ちょっと分からないな』と言う部分があった風に感じる。
これは、多分、殿下とオッサンの人間関係が密なのと、殿下がオッケやジュンちゃんとは違った接し方をオッサンにしているという現れと思いますね。深い意味があって、深い愛情を注いで貰ってるのよ、あんたは、、、。裏切ると怖いわよ。


そして下らないことを考える私、、、。


オッサンが考える、凄く良い人で、凄く恐ろしい人、殿下。(想像図)



写真家チョ・ソニが選んだ悪い男は、ジュノ!

*これは、私も同感です。殿下とエースの悪い男の方向性は違うんですけど、殿下は興味の無い人には、つれないと思います。媚びられるの嫌いそうだし。表面は穏和でも、中はかなり白黒ハッキリしてるはず。
エースは、凄く優しいから悪い男だと思います。何て言うかな、期待を相手が持ちやすいタイプ。でも本人は意図があってじゃなくて自然体で凄くフェミニストなんだと思いますね。


けれども、愛の前では積極的なジュノ。


ジュノは、良いなあと思う女性がいたら、無条件に突進するスタイル。

3人:良い!好きだ!Go!みたいな感じ(笑)

*エース、自分から告るタイプだね。やっぱ私の殿下の性格分析は合ってるじゃん!

PR

COMMENT

Name
Title
Mail
URL
Color
Emoji Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Comment
Pass   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧

無題

今頃、コメしてすみません!

この時のウヨンがすんごいかわいかったですね!
こうやってキャプに文字まで入れて
さすがマルシェさんっ!
こういうとこ好きです!
ってか性格分析すごいあってますね(笑)
そこできなきゃ小説書けないって言ってましたもんね!!

メンバーはジュノの何をみたんだろ?
積極的に告って沈没する姿を
何度も目撃してるのかな?(笑)
ジュノは優しいけど悪い男かぁ〜〜〜
それで短編も書いてくださいよ〜〜〜!!

A-GIRLさん

ジュノの短編かぁ、、、。
ジュノってイマイチ分かんないんだよなぁ。
男女もの書けそうですけど、、、それは萌えるのだろうか?!

カレンダー

06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

プロフィール

HN:
マルシェ・B・ニコポル
性別:
非公開
職業:
さすらいの萌え漂流者
趣味:
萌えサルベージ
自己紹介:
新人KPOPアイドル漂流者、おもてなし武将隊に魂を抜かれ、感性の赴くままにブログ更新。他にジャンル問わず大好き音楽を紹介。マルシェBニコポルのBはBluesのBに武将のB(爆)

マルシェの殿堂入り

夢と希望、愛と平和をありがとう!

最新記事

最新TB

(03/02)

バーコード

ブログ内検索

最古記事

P R

Copyright ©  -- Channel B marchё --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / Powered by [PR]
/ 忍者ブログ